お金借りる個人事業主

\個人事業主がお金借りるなら/

トップページ > 北海道

突然の出費で生活費が足りない…
今月は収入が少なくてピンチ…!
個人事業主だとローン組めないんじゃ…


今すぐお金が必要な個人事業主の方へ

こちらでは北海道でお金を借りたい個人事業主の方のために、安心して借りれるカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

個人事業主がお金借りるなら大手の消費者金融カードローンがおすすめ

ローンが組みづらいイメージのある個人事業主ですが、実際には個人事業主でも借りれるカードローンはあります。

中でもおすすめなのが大手消費者金融のカードローン。

銀行カードローンより金利が少し高めですが、最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスなどがあり、初めてお金を借りる方でも申し込みしやすくなっています。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が安定していないイメージのある個人事業主は審査に落ちる可能性が高いです。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、柔軟に審査を行なってくれる会社が多いため、個人事業主にもおすすめできるカードローンとなっています。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスがあったり、即日融資にも対応している点などメリットが多いのが魅力です。

カードローンの利用が初めての方でも利用しやすく、Web申し込みで手続きが完了するため誰にもバレずに借り入れできる点もおすすめポイントになります。

個人事業主の方は収入証明書類の準備をお忘れなく

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入額が○○万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれるという条件があります。

ですが、個人事業主の方の場合はたとえ借入希望額が少額であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いのでご注意ください。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資を行なうことができないからです。これを総量規制と言います。

そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な個人事業主の場合には、収入を証明する書類が必要になるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

個人事業主の借入なら利用目的を明確にすること

個人事業主でも借りれるカードローンには、事業資金として利用することが出来ないケースもあります。

もし事業資金としてお金を借りる予定なら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なカードローンに申し込みOK!

ただし、個人事業主の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。利用目的をはっきりしておくことは、融資を受ける面でも事業を継続する面でも大事なことなので、しっかりと管理しておきましょう。

個人事業主がお金借りるなら
\即日カードローンランキング/

24時間365日土日も借り入れOK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、個人事業主の方向けにおすすめのカードローンをご紹介しました。

そもそも個人事業主は自宅が勤務先となっている場合も多く、経費と生活費の区別があいまいです。

節税のために生活費の一部を経費として計上することで、所得が少なくなっているケースが多いようです。

そのような節税対策を行なっている場合には、所得に応じて借入額が決定されるため、もしかすると希望額を借り入れできないかもしれません。

節税対策をしすぎるとカードローン審査では逆効果になるという事です。覚えておいてください。

北海道の方向け個人事業主の借り入れQ&A

こちらでは、お金が必要な個人事業主の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

良ければ借り入れ前の参考にしてみて下さい。

Q. 個人事業主です。生活費を借りたいんですが、私でもカードローンの審査に通りますか?

A. はい。安定した収入があると認められれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しいようなので、大手の消費者金融カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは金利がやや高いものの、一時的な借り入れであれば、最大30日間金利0円で借りれるサービスがあるのでお得です。

ちなみに、カードローンの審査では「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つの必要書類の提出が求められます。

収入証明書類については、借入額によって提出が不要となる場合もありますが、個人事業主の審査においては借入額に関係なく提出が求められるケースが多いようです。事前に準備しておいて下さい。

Q. 個人事業主がカードローンの審査に申し込む場合、必要な書類は何ですか?

A. カードローン審査で提出が求められる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。

おもな書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認し、事前に用意しておくようにして下さい。

Q. 個人事業主でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。個人事業主の方でも最短融資が可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

個人事業主の借り入れ基礎知識コラム

カードローンとひとまとまりに言っても借りにくさのあるカードローンと気軽に借りられるカードローンが存在します。どうせ借りるのだったら手軽に借りられる方を選びたいですよね。どのような所が手軽に借りられるかというのはひとまとめにしては言えません。



最近では大手銀行のカードローンであっても難なく借りられるようになっています。少し前に、手早くカードローンしてほしいと思って、モバイル機器から借入れ申し込みをしました。
モバイル機器から申し込んだら、手続きがすぐに完了するため、借入金の振込までの時間がすこぶる短縮になるからです。おかげで、数時間くらいで振り込んでいただきました。
個人事業主でも借りれるカードローンとカードローンはほとんど同じですが、微妙に異なります。
どのように異なるかというと返済の手段が違うのです。
カードローンならカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を買ってから、翌月に一括で返済するという方法をとりますが、個人事業主でも借りれるカードローンの方は、分割で返済することになりますので、こちらだと利子がつくのです。一括で返済ができる程度の少額カードローンであれば、利息がプラスされない無利息期間がある金融業者を選ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。



決められた無利息期間内に全額一括返済できれば普通は借入金額に応じて必要な利息が少しもかからないので、上手に使うことができたらとても便利なのです。

状況により分割返済をするつもりであっても、利息がいらない期間が設定されているような業者の方がカードローンの際お得になることも多いので、実際に利用するときにはよく比較してみましょう。
金融取引業務を行っているような機関おのおので借り入れすることができる限度の金額が違い、小口や即日など軽めの融資についてだけはでなく、300万円から500万円にものぼるような大きな融資でも条件さえ満たしていれば受けることができます。申し込みをしてから融資までの時間も早く、思った以上にスピーディーにお金を手にできるので、利用者にとってもかなり利便性が高くなりました。

実際お金が必要になったときには、カードで借りるのが今一番普通に利用されている方法でしょう。

個人事業主の方がお金を借りるには、たとえ少額のお借り入れでも収入証明書類の提出が求められるケースがあります。

事前に準備しておいて下さい。
カードローンとカードローンは似た感じでATMで借入可能なので異なる部分が分かり難いですが、お金の返し方に違いがあります。
個人事業主でも借りれるカードローンの大多数が一括払いで、カードローンは分割払いが常識になっています。



ですが、直近では個人事業主でも借りれるカードローンでも分割やリボ払いが選択可能なところもありますので、きちんとした境界線が減少傾向にあります。

カードローンサービスをモビットで行うなら、24時間ネットから簡単に申込み出来ますし、申し込んでから10秒ほどで審査の結果を確認できます。あの大手企業「三井住友銀行」のグループにモビットは入っているので、安心感があり、注目されている理由なのでしょう。ATMも全国に10万台以上もあるので、コンビニを利用すれば誰でも手軽にカードローンを利用出来るのです。「WEB完結」で利用して頂くと、必要書類をわざわざ郵送する手間もなく、カードローンを利用出来ます。カードローンを使用していて多重債務を負う危険性を回避するには、まず、きちんとした返済の計画を立ててそれを実行にうつすことですが、もう一つ重要なのはある融資の返済を残したままでさらに個人事業主でも借りれるカードローンをするのを避けることです。まとめて返済する方式が可能なカードローンなら、無利息で大丈夫な期間を作っているところを選んで契約するのが賢い選択と言えるでしょう。
無利息の期間内に借りた金額を返済できれば普通に借りると必ずかかる利息が発生しないので、使い勝手が良く多くの人に利用されています。一括で全額返済を希望していなかったとしても、無利息の期間があるような金融業者であればあらゆる場面でお得なことも少なくないので、いろいろなところを比較検討すると良いでしょう。



個人事業主の方がお金を借りるには、たとえ少額のお借り入れでも収入証明書類の提出が求められるケースがあります。
事前に準備しておいて下さい。



モビットでの借入れは、インターネットを利用すれば24時間いつでも申請でき、申し込み後10秒ほどで審査結果も確認できます。



またモビットは大手銀行とも呼ばれる『三井住友銀行』のグループなのでそれだけでも安心感があり、注目を集めている理由といえるでしょう。

個人事業主がお金を借り入れる場合は、少額借入であっても収入証明書類の提出が求められる場合が多いです。


事前に準備しておきましょう。便利なATMも全国に10万台もあるので、近くのコンビニから気軽に借入れできるのも魅力です。



ネットさえ繋がっていれば全ての手続きをウェブ上で申請する事が出来るので、面倒な郵送手続きが不要なのもポイントです。

北海道の方向け個人事業主の借り入れお役立ち情報

個人事業主がお金借りるなら
\最短融資も可能なプロミス/

北海道で今すぐお金を借りるなら