お金借りる個人事業主

\個人事業主がお金借りるなら/

トップページ > 沖縄県

突然の出費で生活費が足りない…
今月は収入が少なくてピンチ…!
個人事業主だとローン組めないんじゃ…


今すぐお金が必要な個人事業主の方へ

こちらでは沖縄県でお金を借りたい個人事業主の方のために、安心して借りれるカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

個人事業主がお金借りるなら大手の消費者金融カードローンがおすすめ

ローンが組みづらいイメージのある個人事業主ですが、実際には個人事業主でも借りれるカードローンはあります。

中でもおすすめなのが大手消費者金融のカードローン。

銀行カードローンより金利が少し高めですが、最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスなどがあり、初めてお金を借りる方でも申し込みしやすくなっています。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が安定していないイメージのある個人事業主は審査に落ちる可能性が高いです。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、柔軟に審査を行なってくれる会社が多いため、個人事業主にもおすすめできるカードローンとなっています。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスがあったり、即日融資にも対応している点などメリットが多いのが魅力です。

カードローンの利用が初めての方でも利用しやすく、Web申し込みで手続きが完了するため誰にもバレずに借り入れできる点もおすすめポイントになります。

個人事業主の方は収入証明書類の準備をお忘れなく

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入額が○○万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれるという条件があります。

ですが、個人事業主の方の場合はたとえ借入希望額が少額であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いのでご注意ください。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資を行なうことができないからです。これを総量規制と言います。

そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な個人事業主の場合には、収入を証明する書類が必要になるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

個人事業主の借入なら利用目的を明確にすること

個人事業主でも借りれるカードローンには、事業資金として利用することが出来ないケースもあります。

もし事業資金としてお金を借りる予定なら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なカードローンに申し込みOK!

ただし、個人事業主の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。利用目的をはっきりしておくことは、融資を受ける面でも事業を継続する面でも大事なことなので、しっかりと管理しておきましょう。

個人事業主がお金借りるなら
\即日カードローンランキング/

24時間365日土日も借り入れOK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、個人事業主の方向けにおすすめのカードローンをご紹介しました。

そもそも個人事業主は自宅が勤務先となっている場合も多く、経費と生活費の区別があいまいです。

節税のために生活費の一部を経費として計上することで、所得が少なくなっているケースが多いようです。

そのような節税対策を行なっている場合には、所得に応じて借入額が決定されるため、もしかすると希望額を借り入れできないかもしれません。

節税対策をしすぎるとカードローン審査では逆効果になるという事です。覚えておいてください。

沖縄県の方向け個人事業主の借り入れQ&A

こちらでは、お金が必要な個人事業主の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

良ければ借り入れ前の参考にしてみて下さい。

Q. 個人事業主です。生活費を借りたいんですが、私でもカードローンの審査に通りますか?

A. はい。安定した収入があると認められれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しいようなので、大手の消費者金融カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは金利がやや高いものの、一時的な借り入れであれば、最大30日間金利0円で借りれるサービスがあるのでお得です。

ちなみに、カードローンの審査では「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つの必要書類の提出が求められます。

収入証明書類については、借入額によって提出が不要となる場合もありますが、個人事業主の審査においては借入額に関係なく提出が求められるケースが多いようです。事前に準備しておいて下さい。

Q. 個人事業主がカードローンの審査に申し込む場合、必要な書類は何ですか?

A. カードローン審査で提出が求められる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。

おもな書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認し、事前に用意しておくようにして下さい。

Q. 個人事業主でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。個人事業主の方でも最短融資が可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

個人事業主の借り入れ基礎知識コラム

早いアコム審査をするときは、最初にしっかりと予定を立てて出費がかさんでしまったというときなどに審査早い借り入れすれば極めて助けになってくれる借り方だと言えますが、頭に入れておいてほしいのが入念に計画をせず考えないで在籍確認・審査に通って適当な借り方をしては返済出来るであろうと思われる金額を超えてしまった多額の借金を負う流れになるとお金を用意することが出来ずに返済が遅れてしまったり、他社借入しないといけないなったり違う業者から借りて返済に充てるという悪循環に陥る事も多いため無謀な借金をしないように注意しましょう。他社借入はおすすめしません。

個人事業主でも借りれるカードローンの利息は借入れ金額によって違うのがメジャーなパターンです。

借り入れ金額が少しだと利子は高くなりますし、多ければ金利は低くなります。
なので、いくつかから少なく借りるより、まとめて一カ所から借入れた方が得なのです。わたしたちが日々関わっている金融機関によって各々借りることができる最大限の金額が違い、数万円程度の小規模なものや即日融資ばかりでなく、300万円や500万円など数百万円程度の高額融資も思いのほか手軽に受けることが可能となっています。

申し込みをしてから融資してもらえるまでが短時間で済み、すぐにでも必要な分のお金を手に入れることが可能なのでとても役立つものとして利用している人も少なくありません。
利用するにはそれぞれの金融機関が発行するカードを用いるというのが方法として最も一般的でしょう。コミカルなCMでも人気のプロミスでの融資は、ネットや電話、店頭窓口にコンビニ等にあるATMなどから空いた時間を利用して簡単に申し込みができます。

自分の口座が三井住友銀行かジャパンネット銀行にあれば、簡単な申し込み手続きの受付が確認されてから10秒あまりで土日平日関係なくほぼ24時間いつでもこちらの口座に振り込まれるというサービスを使うことができるので、急に入用になったときも安心です。女性専用ダイヤルのレディースコールや30日間の無利息期間もプロミスでカードローンしたくなる理由と言えるでしょう。
金欠でピンチになってしまったという流れには助けになってくれる早い最短審査OKのアコム審査にて借り方を選択するのも重要な手段の一つだと思います。



そうした際には、お金を貸してくれる会社に申し込んで在籍確認、審査をしてもらって借入を申請できる借り方になりますが、どの業者にするか迷ったら最短審査OKのアコム審査早いをオススメします。



誰もが一度は広告を目にしたことがあると思いますし、問題なく頼っても大丈夫な貸金業者なので、在籍確認や審査を申し込もうと思っている方もたくさんいるでしょう。



スピーディーな審査で即日融資が可能な流れになっているので、お金に困ったときにはとても頼りになる存在です。

ただし、他社借入がある場合には本当のことを記入しておかないと審査に落ちることもあります。融資というのは銀行や早いアコムを初め大手の消費者金融から取り決められている小額のお金を貸してもらう借り方を指します。普通は金融機関からお金を借りたいと思った時に様々な条件があったり、何かあった時のための保証金を準備したり、連帯保証人を立てなければいけません。ただしアコム審査個人事業主でも借りれるカードローンの場合は融資とは異なり、保証人や担保を用意する必要がないので誰でも申し込みをして在籍確認や審査を気軽に受けて合格すれば借りられます。アコム審査は早いのでもし他社借入が存在しても通過します。本人だと確認がとれる運転免許証や保険証の用意が必要ですが、基本的に融資を受ける事が可能です。

借入を利用したものの、返済の目途が立たなくなったならば債務整理を行うことになります。

債務整理をしている期間中はお金を借りられない状態となるため、様々なことができなくなります。
不便な思いをすることになるかもしれませんが、この状態はどうしようもないものだと考えるようにしてください。
少し前に、当日のうちにカードローンしてほしいなと思って、モバイル機器から借入れ申し込みをやってみました。

スマホから申し込むを行うと、手続きが早くなるため、借入れ金の振込までの所要時間がかなり短縮可能だからです。おかげで、数時間くらいで振込を受けることができました。

借金を断られたとき、審査に合格できない使用できない要因があるはずです。収入が不十分であったり、借り入れ過多であったりという理由があると、審査に落ちてしまうことが多いです。

十分に利用できるように条件は守らなければなりません。



誰もが普通にインターネットを利用できるようになってどこにいてもパソコンやスマホで借り入れ可能になり、簡単・便利に利用できるようになりました。

ただ、実際にカードローンが利用できるのは18歳以上、もしくは成人できちんとした仕事がありかつ安定した収入があると認められた人となります。個々の金融会社によりカードローンにかかる金利は差があり、低い方が利用者には有難いと言えます。なるべく低い金利で借りられるような金融会社を比較検討しながら探し出すのが賢明でしょう。

沖縄県の方向け個人事業主の借り入れお役立ち情報

個人事業主がお金借りるなら
\最短融資も可能なプロミス/

沖縄県で今すぐお金を借りるなら