お金借りる個人事業主

\個人事業主がお金借りるなら/

トップページ

突然の出費で生活費が足りない…
今月は収入が少なくてピンチ…!

個人事業主はローン組めないんじゃ…

今すぐお金が必要な個人事業主の方へ

こちらではお金を借りたい個人事業主の方のために、安心して借りれるおすすめのカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

個人事業主がお金借りるなら大手の消費者金融カードローンがおすすめ

ローンが組みづらいイメージのある個人事業主ですが、実際には個人事業主でも借りれるカードローンはあります。

中でもおすすめなのが大手消費者金融のカードローン。

銀行カードローンより金利が少し高めですが、最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスなどがあり、初めてお金を借りる方でも申し込みしやすくなっています。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が安定していないイメージのある個人事業主は審査に落ちる可能性が高いです。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、柔軟に審査を行なってくれる会社が多いため、個人事業主にもおすすめできるカードローンとなっています。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスがあったり、即日融資にも対応している点などメリットが多いのが魅力です。

カードローンの利用が初めての方でも利用しやすく、Web申し込みで手続きが完了するため誰にもバレずに借り入れできる点もおすすめポイントになります。

個人事業主の方は収入証明書類の準備をお忘れなく

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入額が○○万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれるという条件があります。

ですが、個人事業主の方の場合はたとえ借入希望額が少額であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いのでご注意ください。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資を行なうことができないからです。これを総量規制と言います。

そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な個人事業主の場合には、収入を証明する書類が必要になるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

個人事業主の借入なら利用目的を明確にすること

個人事業主でも借りれるカードローンには、事業資金として利用することが出来ないケースもあります。

もし事業資金としてお金を借りる予定なら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なカードローンに申し込みOK!

ただし、個人事業主の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。利用目的をはっきりしておくことは、融資を受ける面でも事業を継続する面でも大事なことなので、しっかりと管理しておきましょう。

個人事業主がお金借りるなら
\即日カードローンランキング/

24時間365日土日も借り入れOK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、個人事業主の方向けにおすすめのカードローンをご紹介しました。

そもそも個人事業主は自宅が勤務先となっている場合も多く、経費と生活費の区別があいまいです。

節税のために生活費の一部を経費として計上することで、所得が少なくなっているケースが多いようです。

そのような節税対策を行なっている場合には、所得に応じて借入額が決定されるため、もしかすると希望額を借り入れできないかもしれません。

節税対策をしすぎるとカードローン審査では逆効果になるという事です。覚えておいてください。

個人事業主の借り入れQ&A

こちらでは、お金が必要な個人事業主の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

良ければ借り入れ前の参考にしてみて下さい。

Q. 個人事業主です。生活費を借りたいんですが、私でもカードローンの審査に通りますか?

A. はい。安定した収入があると認められれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しいようなので、大手の消費者金融カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは金利がやや高いものの、一時的な借り入れであれば、最大30日間金利0円で借りれるサービスがあるのでお得です。

ちなみに、カードローンの審査では「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つの必要書類の提出が求められます。

収入証明書類については、借入額によって提出が不要となる場合もありますが、個人事業主の審査においては借入額に関係なく提出が求められるケースが多いようです。事前に準備しておいて下さい。

Q. 個人事業主がカードローンの審査に申し込む場合、必要な書類は何ですか?

A. カードローン審査で提出が求められる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。

おもな書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認し、事前に用意しておくようにして下さい。

Q. 個人事業主でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。個人事業主の方でも最短融資が可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

個人事業主の借り入れ基礎知識コラム

カードローンの契約をする場合は、借入限度額もポイントになるでしょう。借入限度額が50万円以下なら、本人確認の為に運転免許証を示すだけで契約することが可能だからです。しかし、利用限度額が50万円を超したり、他社からの借入と合算して100万円超だったときは、所得証明書の提出を求められることになり、手続きが少々繁雑になるという訳です。

誰もが普通にインターネットを利用できるようになってパソコンやスマホからも借り入れできるので、簡単・便利に利用できるようになりました。



ちなみに、実際にカードローンができるのは18歳かあるいは、仕事を持っている20歳以上でかつ収入が安定している人となっています。

借り入れに必要な利子は、会社によってそれぞれ差があり、低い方が利用者には有難いと言えます。



できるだけ金利を抑えている良心的な会社を探す努力が少しでも有利に借りるためには肝要です。お金を借りるためには審査があって、それに合格しないと借金する事はできないのです。


個々の消費者金融で審査のポイントは違うので一概にどういう事に神経を注げば通過しやすいかというのは言えませんが、所得が大変関係しています。モビットが提供しているカードローンは、携帯だけでなくパソコンやスマートフォンからも24時間申請できますし、審査結果も10秒程で確認できるようになっています。大手「三井住友銀行」のグループでもあるので安心して融資や年利を利用でき、利用者が多い理由でしょう。

個人事業主がお金を借り入れる場合は、少額借入であっても収入証明書類の提出が求められる場合が多いです。



事前に準備しておきましょう。
便利なATMも全国各地に提携しているため、忙しい方でもコンビニから手軽に融資を受ける事が出来ます。

また便利な「WEB完結」ならインターネット上で全ての手続きを行えるため、面倒な書類も郵送することなく個人事業主でも借りれるカードローンできるので大変便利です。
融資というのは銀行や早い最短審査OKのアコムなどの消費者金融から、ある定められた小額の現金を便宜をはかって頂くか借り方を意味します。

通常、金融機関からお金を借りる場合には、連帯保証人や保証金をもしもの場合に備えて用意する必要があります。その一方でアコム審査カードローンの場合は、連帯保証人も必要なければ担保も準備することなく在籍確認やアコム審査に通過したのならお金を借りることが出来ます。
たとえ他社借入があった場合でも審査は早いので合格することが多いでしょう。

個人事業主がお金を借り入れる場合は、少額借入であっても収入証明書類の提出が求められる場合が多いです。事前に準備しておきましょう。本人だと確認がとれる運転免許証や保険証の用意が必要ですが、通常の場合、誰でも融資を受ける事ができます。

カードローンを利用する際の審査では、属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報といった様々な面でのチェックが行われます。
全ての確認が終わり、申請した人に借入れした分のお金をしっかり返せる実力があるかを見極めます。申告した内容が事実と異なる場合、審査に通過する事は難しいです。

既に他の金融機関から多額の借金がある方や、延滞記録が発見された場合には、残念ながらカードローンの審査に通る可能性はとても低いです。一括で返済できるほどわずかな額のカードローンなら、無利息期間が設けられているような金融業者を使うのが賢い選択と言えるのではないでしょうか。

無利息期間内で一度に返済することができるなら一円でも利息がかかることはありませんから、利用者にとって非常にお得で便利なサービスなのです。

まとめての返済を希望していないような時でも利息なしで済む期間を設けているところの方が有利に借り入れができることもあるようですので、いろいろな視点で比べてみてから選びましょう。

カードローンには、リボ払いという便利な方法もありますが、覚えておかなければいけないリスクもあります。
そのリスクは、毎月リボ払いで支払うお金に利子が増えてしまうことです。
一括で返済する場合なら一ヶ月分の利子がかかるだけで済みますが、リボ払いにすると、毎月利子が付いてしまいます。
リスクもありますが、リボ払いは月々の返済金額が少ないので、負担の少ない方法です。



モビットの個人事業主でも借りれるカードローンは、24時間インターネットからの申込みが可能で、10ほどで審査の結果もわかります。またモビットは、大企業「三井住友銀行」のグループなので安心と信頼があり、今、人気を集めています。全国に約10万台ものATMが提携されているので、お近くのコンビニを利用すれば手軽にカードローンも可能です。インターネットで全ての手続きが行える「WEB完結」は、郵送手続きをする必要がありません。プロミスを利用したカードローンの場合は、店頭窓口だけでなく、忙しい方でもインターネットや電話、ATMを使って申請可能です。また口座をお持ちの方で、ジャパンネット銀行か三井住友銀行をお使いの方であれば、受付が終わってから10秒弱でお金が振り込まれるサービスを利用できるので嬉しいですね。それから30日間は、利息がかからない期間もありますし、女性のための専用ダイヤルもあるので、多くのお客様から個人事業主でも借りれるプロミスが支持されている理由の一つといえるでしょう。



個人事業主がお金を借り入れる場合は、少額借入であっても収入証明書類の提出が求められる場合が多いです。



事前に準備しておきましょう。

個人事業主の借り入れお役立ち情報

個人事業主がお金借りるなら
\最短融資も可能なプロミス/

今すぐお金を借りるなら