お金借りる個人事業主

\個人事業主がお金借りるなら/

トップページ

突然の出費で生活費が足りない…
今月は収入が少なくてピンチ…!

個人事業主はローン組めないんじゃ…

今すぐお金が必要な個人事業主の方へ

こちらではお金を借りたい個人事業主の方のために、安心して借りれるおすすめのカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

個人事業主がお金借りるなら大手の消費者金融カードローンがおすすめ

ローンが組みづらいイメージのある個人事業主ですが、実際には個人事業主でも借りれるカードローンはあります。

中でもおすすめなのが大手消費者金融のカードローン。

銀行カードローンより金利が少し高めですが、最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスなどがあり、初めてお金を借りる方でも申し込みしやすくなっています。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が安定していないイメージのある個人事業主は審査に落ちる可能性が高いです。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、柔軟に審査を行なってくれる会社が多いため、個人事業主にもおすすめできるカードローンとなっています。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスがあったり、即日融資にも対応している点などメリットが多いのが魅力です。

カードローンの利用が初めての方でも利用しやすく、Web申し込みで手続きが完了するため誰にもバレずに借り入れできる点もおすすめポイントになります。

個人事業主の方は収入証明書類の準備をお忘れなく

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入額が○○万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれるという条件があります。

ですが、個人事業主の方の場合はたとえ借入希望額が少額であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いのでご注意ください。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資を行なうことができないからです。これを総量規制と言います。

そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な個人事業主の場合には、収入を証明する書類が必要になるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

個人事業主の借入なら利用目的を明確にすること

個人事業主でも借りれるカードローンには、事業資金として利用することが出来ないケースもあります。

もし事業資金としてお金を借りる予定なら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なカードローンに申し込みOK!

ただし、個人事業主の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。利用目的をはっきりしておくことは、融資を受ける面でも事業を継続する面でも大事なことなので、しっかりと管理しておきましょう。

個人事業主がお金借りるなら
\即日カードローンランキング/

24時間365日土日も借り入れOK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、個人事業主の方向けにおすすめのカードローンをご紹介しました。

そもそも個人事業主は自宅が勤務先となっている場合も多く、経費と生活費の区別があいまいです。

節税のために生活費の一部を経費として計上することで、所得が少なくなっているケースが多いようです。

そのような節税対策を行なっている場合には、所得に応じて借入額が決定されるため、もしかすると希望額を借り入れできないかもしれません。

節税対策をしすぎるとカードローン審査では逆効果になるという事です。覚えておいてください。

個人事業主の借り入れQ&A

こちらでは、お金が必要な個人事業主の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

良ければ借り入れ前の参考にしてみて下さい。

Q. 個人事業主です。生活費を借りたいんですが、私でもカードローンの審査に通りますか?

A. はい。安定した収入があると認められれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しいようなので、大手の消費者金融カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは金利がやや高いものの、一時的な借り入れであれば、最大30日間金利0円で借りれるサービスがあるのでお得です。

ちなみに、カードローンの審査では「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つの必要書類の提出が求められます。

収入証明書類については、借入額によって提出が不要となる場合もありますが、個人事業主の審査においては借入額に関係なく提出が求められるケースが多いようです。事前に準備しておいて下さい。

Q. 個人事業主がカードローンの審査に申し込む場合、必要な書類は何ですか?

A. カードローン審査で提出が求められる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。

おもな書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認し、事前に用意しておくようにして下さい。

Q. 個人事業主でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。個人事業主の方でも最短融資が可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

個人事業主の借り入れ基礎知識コラム

個人事業主でも借りれるカードローン利用時は、勤務先名とそこでの勤続年数を申告することが求められます。借りる人の返済能力の有る無しを確認する目的です。

そうすると、職場に勤務の事実確認のための電話等が入ることになります。職場への連絡は勘弁して欲しいという人もいると思われますが、現在では大手の消費者金融だと周囲に知られないような配慮があるようです。
 現金融資をしてもらおうとする時に注目しておいた方がいいのが金利になります。

個人事業主でも借りれるカードローンの金利は一般的に高いので借り入れ金額を高額にしてしまうと毎月の金利も多額になり、返済ができないことがあるかもしれません。現金融資手続きをしようとする時には金利をきちんとチェックして借りることをおすすめします。早い融資をおこなっているアコム審査などの会社は日本全国北から南まであり、流れている広告を見たことがあり心得ているという方もほとんどと言っても良いほどかと思われます。
とは言え、知っているだけであって実情としては融資の借り方の経験はないという場合、審査の流れやかかる利息、在籍確認について等、色々分からないことも多いでしょう。

最短審査OKのアコムホームページサイトをチェックしてみると審査早いの手続きのやり方の流れや在籍確認を知ることができたり月々の返済額や返済期間についての事前確認や他社借り入れしている時なども融資できるかを掲載していますので助かります。

この間、即日カードローンしていただきたいと思い、スマートフォンから借入れ申し込みを行いました。
モバイル機器から申し込んだら、手続きがすぐに完了するため、借入れ金が口座に入るまでの時間がかなり短縮可能だからです。



おかげで、数時間くらいで振り込みをしてもらえました。



普通はカードローンを利用したら、返済日までに必ず借入れした金額と合わせて利息分を支払わなければならない決まりになっています。たとえ一回でも延滞したり、返済出来なかった場合には金融機関から残りのお金を一括で返済するように請求される場合もあります。なので、どうしても返済期日までにお金を用意出来ない場合は、業者に前もってその旨を伝えましょう。そうすれば急な督促もなくなり、これからどのように返済してけば良いかといった具体的に相談出来るでしょう。
気軽にコンビニエンスストアから家に居ながらでも「WEB完結」で申込みをすれば、ネット上で手続きできるので面倒な書類をわざわざ送ることなくカードローンを利用出来ます。



カードローンにはリボ払いという種類があり、毎月一定の額で返済出来るという良い部分があるのです。返済の額が変更するとかなり面倒なのですが、リボ払いは一定のため、お金の準備がとてもしやすくてかなり評判の良い返済方法です。

現金を甘く借り入れをするためにネットで調べていると、誰にでも甘く貸し付けをしてくれるようなアコム審査の会社のホームページを見かけることもあるでしょう。

ですが、細かいことを調べない借り方をしている業者の場合割高な金利や普通なら加算されない手数料が加わったり俗に言う借り方がひどいヤミ金業者であることも考えられますのでしっかりと概要や在籍確認や審査条件などを調べていくようにしましょう。

ポイントとしては、審査の流れや在籍確認の判定を怠らない最短審査OKのアコム審査ですと法律をきちんと守っている金利が適用されているためにその後苦しい思いをすることなくカードローンが借りられ、他社借入をしている時でもお金が借りられて助かるでしょう。突然出費が重なり今月は少しまとまったお金がなるべく早く必須となり必要なお金を早いアコム審査をしようとした場合、どのローン会社のカードローンを選べば早いのかかなり迷う事もあるかと思います。

お金を借りるには在籍確認が必須です。

その様な時はまず初めに冷静になり、インターネットからカード会社の書き込み情報や口コミサイトを見て人気がある個人事業主でも借りれるカードローンカードを見つけて利用する流れも良い方法だと思います。アコム借り方はおすすめできる商品です。
小額の個人事業主でも借りれるカードローンでも一括返済を受けつけている金融機関であれば、無利息期間を設けている銀行などの金融機関を申込みすることをお勧めします。借りた分を全額、無利息期間内に返済してしまえば金利ゼロで借金できるので、とても使いやすく非常に便利です。



全額の返済が難しい場合でも、こうした無金利で借りられる金融機関をあたってみる方がお金を借りる場合に有利になることもあるので是非、こうした点もよく確認してみましょう。

個人事業主の借り入れお役立ち情報

個人事業主がお金借りるなら
\最短融資も可能なプロミス/

今すぐお金を借りるなら