お金借りる個人事業主

\個人事業主がお金借りるなら/

トップページ

突然の出費で生活費が足りない…
今月は収入が少なくてピンチ…!

個人事業主はローン組めないんじゃ…

今すぐお金が必要な個人事業主の方へ

こちらではお金を借りたい個人事業主の方のために、安心して借りれるおすすめのカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

個人事業主がお金借りるなら大手の消費者金融カードローンがおすすめ

ローンが組みづらいイメージのある個人事業主ですが、実際には個人事業主でも借りれるカードローンはあります。

中でもおすすめなのが大手消費者金融のカードローン。

銀行カードローンより金利が少し高めですが、最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスなどがあり、初めてお金を借りる方でも申し込みしやすくなっています。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が安定していないイメージのある個人事業主は審査に落ちる可能性が高いです。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、柔軟に審査を行なってくれる会社が多いため、個人事業主にもおすすめできるカードローンとなっています。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスがあったり、即日融資にも対応している点などメリットが多いのが魅力です。

カードローンの利用が初めての方でも利用しやすく、Web申し込みで手続きが完了するため誰にもバレずに借り入れできる点もおすすめポイントになります。

個人事業主の方は収入証明書類の準備をお忘れなく

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入額が○○万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれるという条件があります。

ですが、個人事業主の方の場合はたとえ借入希望額が少額であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いのでご注意ください。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資を行なうことができないからです。これを総量規制と言います。

そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な個人事業主の場合には、収入を証明する書類が必要になるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

個人事業主の借入なら利用目的を明確にすること

個人事業主でも借りれるカードローンには、事業資金として利用することが出来ないケースもあります。

もし事業資金としてお金を借りる予定なら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なカードローンに申し込みOK!

ただし、個人事業主の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。利用目的をはっきりしておくことは、融資を受ける面でも事業を継続する面でも大事なことなので、しっかりと管理しておきましょう。

個人事業主がお金借りるなら
\即日カードローンランキング/

24時間365日土日も借り入れOK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率4.5%~18.0%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、個人事業主の方向けにおすすめのカードローンをご紹介しました。

そもそも個人事業主は自宅が勤務先となっている場合も多く、経費と生活費の区別があいまいです。

節税のために生活費の一部を経費として計上することで、所得が少なくなっているケースが多いようです。

そのような節税対策を行なっている場合には、所得に応じて借入額が決定されるため、もしかすると希望額を借り入れできないかもしれません。

節税対策をしすぎるとカードローン審査では逆効果になるという事です。覚えておいてください。

個人事業主の借り入れQ&A

こちらでは、お金が必要な個人事業主の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

良ければ借り入れ前の参考にしてみて下さい。

Q. 個人事業主です。生活費を借りたいんですが、私でもカードローンの審査に通りますか?

A. はい。安定した収入があると認められれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しいようなので、大手の消費者金融カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは金利がやや高いものの、一時的な借り入れであれば、最大30日間金利0円で借りれるサービスがあるのでお得です。

ちなみに、カードローンの審査では「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つの必要書類の提出が求められます。

収入証明書類については、借入額によって提出が不要となる場合もありますが、個人事業主の審査においては借入額に関係なく提出が求められるケースが多いようです。事前に準備しておいて下さい。

Q. 個人事業主がカードローンの審査に申し込む場合、必要な書類は何ですか?

A. カードローン審査で提出が求められる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。

おもな書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認し、事前に用意しておくようにして下さい。

Q. 個人事業主でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。個人事業主の方でも最短融資が可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

個人事業主の借り入れ基礎知識コラム

カードローン利用の際はどの会社にするが大変重要です。借入及び返済の時の条件が大切なのは当たり前ですが、金融会社のホームページ等に書いてある情報のみにより決めてしまうと失敗することもあります。



やはり金融会社を決める際は一般の評判も注目すべき材料ですし、口コミの内容もよく吟味して決断することが重要です。



たとえば一括返済が可能なくらいのカードローンなら、ある一定期間利息が付かないサービスのある業者を選択して利用すると後々も良いと思います。
無利息サービス期間中に全額一括返済すると期間外だとかかってしまう利息が0円なので、余分なお金を払うことがなくとても便利です。状況により分割返済をするつもりであっても、無利息サービスを行っているような会社の方がいろいろな場面でお得なカードローンが可能なので、実際に利用するときにはよく比較してみましょう。繰り上げて借金を返す制度を利用すれば、クレジットカードで借りたお金の借金する時間を短縮したり、返済する必要のあるお金を大幅に減らすことができるでしょう。
個人事業主の方がお金を借りるには、たとえ少額のお借り入れでも収入証明書類の提出が求められるケースがあります。

事前に準備しておいて下さい。ただ、融資の条件により繰り上げて借金を返すことが出来ない場合やある限度以上の金額でないと繰り上げてお金を返すことが出来ないこともあるので確認してみてください。今では、カードローンはコンビニでもお金がおろせるものが数多くあります。コンビニのATMコーナーで容易にカードローンができるので、コンビニに行くついでにお金を借りることが出来て、好評です。


お金を返すのもコンビニから返せるという金融機関が増えていますね。カードローンを利用する際には、審査に通る必要があるのですが確認される内容としては、申請した人の属性情報、それから在籍確認、信用情報、書類確等があります。
それらの項目を全て確認し判断した上で、申請した人の返済能力の有無を確認するという流れになっています。もしも申請内容に嘘の情報が発見された場合、審査落ちする可能性が高いです。
具体的には、多額の借金を抱えていたり過去に事故を起こしていたりした場合、ほとんどの場合、審査には通らないでしょう。
個人事業主でも借りれるカードローンを夫に言わないでするやり方もあるようです。



自動契約機によるカードの受け取りをして利用明細をインターネットで見るように設定すると、基本的にバレてしまうことはないです。知られないように行動して、早めに何とかすることも大事です。


連休に友達と旅行へ行った時途中で立ち寄ったお店で財布を確認すると現金を入れ忘れてた!という流れがありました。
休日なので、どこかで現金を貸してもらえるか?借り方をと心配になりながらもカードローン情報を調べてみるとスムーズにアコム審査早いで在籍確認をしてお金を借りることができたのです。

それ以前、普段は平日しか利用したことがないので、アコムj審査が休日でも借りれ可能だとは全然思ってもいなかったので、休日でも関係なく最短審査OKのアコム借り方流れが可能なことが解って審査が早いだけではなくすごく便利だなと感心しました。

アコムは他社借入がある時でもOKだそうです。


プロミスで借入れを行う場合、直接、店舗にいって申し込みする方法以外に電話やネット、ATMでも申込みできるのです。また『三井住友銀行』か『ジャパネット銀行』を利用されている方であれば、カードローン申請が正常に完了され約10秒ほどで指定した口座に入金されるサービスを利用できるのです。女性用の専用ダイヤルや30日間は金利がかからない期間があるのも、プロミスのカードローンが人気の理由といえるでしょう。

個人事業主の方がお金を借りるには、たとえ少額のお借り入れでも収入証明書類の提出が求められるケースがあります。事前に準備しておいて下さい。

一括返済できるくらい少額の借り入れであるなら、サービスとして無利息期間を設定している会社を選ぶとちょっとお得にカードローンができます。



無利息期間中にまとめて全額の返済ができたら普通に借りると必ずかかる利息が発生しないので、条件さえ合えばさまざまな場面で役立つでしょう。一度にまとめて全額を返済できない場合でも、無利息の期間を設定しているような業者の方が条件面やサービス面で良い点も多いでしょうから、自分の希望も含めて比較検討してみましょう。個人事業主でも借りれるカードローンというと、カードローンと変わらないものだと思いがちですが、返済方法が異なります。一括で返済する目的でクレジットカードにより現金を引き出すのがカードローンで、分割払いにする際はカードローンというのです。カードローンは毎月の返済は簡単ですが、利息がかかってきますし、どちらにしても延滞の場合には十分ご注意ください。

個人事業主の借り入れお役立ち情報

個人事業主がお金借りるなら
\最短融資も可能なプロミス/

今すぐお金を借りるなら