お金借りる個人事業主

\個人事業主がお金借りるなら/

トップページ

突然の出費で生活費が足りない…
今月は収入が少なくてピンチ…!

個人事業主はローン組めないんじゃ…

今すぐお金が必要な個人事業主の方へ

こちらではお金を借りたい個人事業主の方のために、安心して借りれるおすすめのカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

個人事業主がお金借りるなら大手の消費者金融カードローンがおすすめ

ローンが組みづらいイメージのある個人事業主ですが、実際には個人事業主でも借りれるカードローンはあります。

中でもおすすめなのが大手消費者金融のカードローン。

銀行カードローンより金利が少し高めですが、最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスなどがあり、初めてお金を借りる方でも申し込みしやすくなっています。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が安定していないイメージのある個人事業主は審査に落ちる可能性が高いです。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、柔軟に審査を行なってくれる会社が多いため、個人事業主にもおすすめできるカードローンとなっています。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスがあったり、即日融資にも対応している点などメリットが多いのが魅力です。

カードローンの利用が初めての方でも利用しやすく、Web申し込みで手続きが完了するため誰にもバレずに借り入れできる点もおすすめポイントになります。

個人事業主の方は収入証明書類の準備をお忘れなく

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入額が○○万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれるという条件があります。

ですが、個人事業主の方の場合はたとえ借入希望額が少額であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いのでご注意ください。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資を行なうことができないからです。これを総量規制と言います。

そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な個人事業主の場合には、収入を証明する書類が必要になるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

個人事業主の借入なら利用目的を明確にすること

個人事業主でも借りれるカードローンには、事業資金として利用することが出来ないケースもあります。

もし事業資金としてお金を借りる予定なら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なカードローンに申し込みOK!

ただし、個人事業主の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。利用目的をはっきりしておくことは、融資を受ける面でも事業を継続する面でも大事なことなので、しっかりと管理しておきましょう。

個人事業主がお金借りるなら
\即日カードローンランキング/

24時間365日土日も借り入れOK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、個人事業主の方向けにおすすめのカードローンをご紹介しました。

そもそも個人事業主は自宅が勤務先となっている場合も多く、経費と生活費の区別があいまいです。

節税のために生活費の一部を経費として計上することで、所得が少なくなっているケースが多いようです。

そのような節税対策を行なっている場合には、所得に応じて借入額が決定されるため、もしかすると希望額を借り入れできないかもしれません。

節税対策をしすぎるとカードローン審査では逆効果になるという事です。覚えておいてください。

個人事業主の借り入れQ&A

こちらでは、お金が必要な個人事業主の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

良ければ借り入れ前の参考にしてみて下さい。

Q. 個人事業主です。生活費を借りたいんですが、私でもカードローンの審査に通りますか?

A. はい。安定した収入があると認められれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しいようなので、大手の消費者金融カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは金利がやや高いものの、一時的な借り入れであれば、最大30日間金利0円で借りれるサービスがあるのでお得です。

ちなみに、カードローンの審査では「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つの必要書類の提出が求められます。

収入証明書類については、借入額によって提出が不要となる場合もありますが、個人事業主の審査においては借入額に関係なく提出が求められるケースが多いようです。事前に準備しておいて下さい。

Q. 個人事業主がカードローンの審査に申し込む場合、必要な書類は何ですか?

A. カードローン審査で提出が求められる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。

おもな書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認し、事前に用意しておくようにして下さい。

Q. 個人事業主でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。個人事業主の方でも最短融資が可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

個人事業主の借り入れ基礎知識コラム

通常、カードローンを利用したら必ず返済期日までに借り入れ金額と利息を合わせた金額を返済するようになっています。
万が一、一度でも返済期限を過ぎてしまったり、延滞した場合は、金融業者から残った金額を全額一括で返すように、請求される可能性も十分にあります。


なので、どうしても返済出来ない時やお金を用意するのが難しい場合は、業者に前もってその旨を伝えましょう。
きちんと連絡しておけば、急に督促が来たり請求を迫られることもなく、今後の対応について相談することも可能だからです。カードローン会社は多数あることもあり、簡単に借りられないカードローンと気軽に借りられるカードローンがあります。


どちらにしても借りるとするなら借りやすい方がいいですよね。


どのような所が手軽に借りられるかといわれると端的に言うことはできません。

最近は大手バンクの個人事業主でも借りれるカードローンだとしても借りやすいようになっています。


誰もが普通にインターネットを利用できるようになってパソコンやスマホからでもお金が借りられるため、あまり構えず手軽に利用できる環境にあります。

ちなみに、実際にカードローンができるのは18歳かあるいは、仕事を持っている20歳以上でかつ収入が安定している人となっています。個々の金融会社によりカードローンにかかる金利は異なりますので、気をつけて調べてみてください。なるべくなら、低金利のカードローン会社を比較検討しながら探し出すのが賢明でしょう。



カードローンをリボ払いで返済するのはとても便利ですが、その反面、リスクも高くなります。
そのリスクは、毎月の支払い額にさらに利子がついてしまうことです。
一括で借りたお金を返済する場合なら一カ月分の利子しかかかりませんが、リボ払いは毎月利子が増えていきます。
それでも、リボ払いは月々の支払い額が少ないので、返済しやすい方法です。最短審査OKのアコムでの個人事業主でも借りれるカードローンを利用する場合、初回お申し込みの方には嬉しい特典があり、申請された日から最大で30日間、利息なしで利用出来るサービスです。それだけでなく、スマートフォンからも気軽に申し込む事ができ、便利なスマホアプリ「アコムナビ」を活用すれば、簡単に書類提出も出来ますし、GPS機能が搭載されているため、自動で今いる場所から一番近くにあるATMは何処にあるかを教えてくれます。
借りたお金の返済プランも立てられますし、将来設計も立てられるという意味で安心して利用出来ます。
カードローンは借り換えが自由にできる点も長所の一つです。万一、いい条件で借りられる所があれば、そこからお金を貸してもらって、前の会社からの借金を返せばいいだけです。

こうして借り換えを利用すれば、もっと都合のよい条件で利用できることがあります。早いアコム審査から貸し付けをしてほしいと思った際にはいろいろな会社のサービスを比較対照した上で、借り方や審査内容がよかったアコムの在籍確認を受けようと思ったのかもしれませんが、そういう会社を決める流れのときに、とりあえず最初の段階において審査が早いということではなく特によくチェックしていただきたい点なのは利息がいくらかかるのか(金利)ということです。他社借入がある人は実感すると思いますが、数字で見ると大した金利の差がなかったとしても、多額のお金が必要になるという借り方や、返し終わるまでに長い期間を要するときには返済額の流れをすべてトータルで考えてみたときには金額差の開きは大きくなってしまうものです。ところで、最短審査OKのアコムでは他社借入がある場合でも借り入れOKなのです。


アコムは使う人に早いカードローンなのでしょうか・万が一の時に利用できる個人事業主でも借りれるカードローンといえばアコム審査で、これはコンビニでも借り方・返し方をすることが出来るのがすごく好都合ですし、便利の一言に尽きます。ところでアコム審査の流れというのは、仮審査を行って在籍確認、本審査となっています。ATMにを使っている時、いくら人から見られた場合でもアコムカードローンの借入方法を行っているのか?現金の引き出しなのか?振り込みでか?単に現金を預けているだけなのか?操作の流れが本当に解りにくいところが使い勝手がよく、好ましいところです。そして、年中無休で平日でも土日祝日でも関係なく対応してくれるのも手持ちの現金が少なくて困っている時に、状況に応じて便利に利用できるというのは利用者に早いのではないでしょうか。そういうことで、他社借入がある人でも審査に合格することが出来るそうです。
現金を借り入れするいわゆる審査早い個人事業主でも借りれるカードローン時には、まずはとにかく在籍確認・審査で問題ないと判断されなくてはなりません。
アコム審査は給料や勤務先、すでに他社借入があるのかなど融資をして大丈夫かどうかという判定にかけられます。
審査が完了するまでの流れは業者によって異なりますが、早いアコム審査は早いので目一杯時間を使ったとしても大体三十分ぐらいですべての手続きが完了することになるのですが、申込時に記入した仕事先に籍があるか在籍確認してから現金を手にすることができる借り方であるために、落ち着いて丁寧に他社借入の申請もして、申し込みをすることが大切です。融資というのは銀行や早いアコムなどの大手の消費者金融から、ある定められた小額の現金を融資して頂く借り方を意味します。
一般的に金融機関からお金を借りる場合にはいくつか条件があったり、連帯保証人を決めたり、何か問題があった場合のための保証金を準備する必要があります。
ただし最短審査OKのアコム審査個人事業主でも借りれるカードローンの場合は融資とは異なり、保証金や連帯保証人を立てることなく審査・在籍確認をパスしたら気軽にお金を借りられます。



アコム審査は比較的早いので他社借入していても大丈夫なのです。

条件としては本人確認できる書類を準備すること、これが出来れば通常の場合、誰でも融資を受ける事ができます。

個人事業主の借り入れお役立ち情報

個人事業主がお金借りるなら
\最短融資も可能なプロミス/

今すぐお金を借りるなら